【格安葬儀】資料請求プログラム
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> 葬式にお金をかけたくない >> 葬式にお金をかけたくない
<<  - 

葬式にお金をかけたくない



お金をたくさんかけても、故人が生き返るわけでもないし、
坊主丸儲けという言葉があるように、
喜んでいるのはお坊さんと葬儀会社だけ!と思う私はケチでしょうか?

【格安葬儀】資料請求プログラム



バァちゃんが亡くなった時のことです。

うちは浄土真宗で三人のお坊さんが来ました。
(同じ宗派でも父型の浄土真宗は一人でした)
そのお坊さんの最初の一言は、
「私に80万円、連れにそれぞれ35万円の心づけをおねがいします。」
でした。

母たちは何も言わずに包みましたが、
「心づけの金額を指定してくるのはおかしいんじゃないか?」
とおもいました。

1時間足らずのお経と戒名料で一体いくら取るつもりなんだと。
信仰心のない私には、お坊さんが銭の亡者にしか思えませんでした。


その時は私は受付をしていましたが、
支配人兼司会の男は、参列者が席について待っている間、
ゲラゲラ笑って女性スタッフと話していました。

親族である私の目の前で。
気づけば私はその男をにらみつけていました。

それに気づいて何処かへ消えていきましたが、
所詮商売でやっている人に、まして関わりのない人間の死なので
悲しくもなんともないと思いますが、親族の心中くらい察して欲しかったです。

香典返しなどを含めたすべての葬式代は370万円。


いろいろと失望したお葬式だっただけに、
「これなら自分たちで送ってあげたほうがいい」
と強く思いました。

お金をかけたくはないけど、お坊さんくらいはやはり・・・
というかたも、この格安葬儀会社なら格安でお坊さんもよべます。

【格安葬儀】資料請求プログラム


私としては火葬式で親族と故人とほんとうに仲が良かった人と一緒に
故人のを送ってあげればいいと思っています。

soushiki77 | comments(0) | - | pookmark | category:葬式にお金をかけたくない
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Comment